>>恋愛 運

布団の商法について

デート商法で数的には絵画、毛皮、エステ、スーツ、浄水器、などより少ないが、デート商法の布団もあるようです。

布団を欲しがるのはせいぜい、新生活前の若者や布団が破けたなどのトラブル時であって、今すぐ欲しい代物ではないようですが・・。

この布団もデート商法、睡眠商法などによって「今すぐ買わなければ!」という欲求にさせてしまうようです。

しかも、普通の店では1万円程度の布団が数十万円するそうなのでかなりの被害を被ります。

デート商法では、デート嬢・男性が自分の展示場(職場)に連れて行き、羽布団の体験モニターをさせると言うもの。

大抵は布団を購入するのをためらいますが、モニターとして感想をくれれば謝礼金をくれると言い、毎月の返済額(ローン)以上なので、差額の利益になると言う話しですが・・・。

ここで布団をローンを組んで購入し、体験レポートを提出し、差額を得る。と言う美味しいシナリオにはならずに、

相手の悪徳業者は、布団購入後に姿を暗ませてしまい、購入者のローンだけが残ってしまいます。

若者にとって布団自体は普通、引越しなど特別なことでも無い限り必要でないですが、このデート商法 布団の事例のように、

モニターをして差額を得られるとなると、本来必要でないものまで購入してしまう結果を生んでしまいます。

特に若者からデート商法による相談が後を絶たないそうです。

同じようにデート商法でサプリメント、礼服、英会話、教材、宝石・ジュエリー、着物なども商材に使われているそうです。

色々な悪徳手口で被害に会わせようとするので、あぶない行政書士でない良い行政書士に相談してみるのも良い方法です。

その際には、法律、解約、クーリングオフ、被害、事例についても良く話してみましょう。

エステの商法について

増えて来ているのが、デート商法でのエステ勧誘です。普段エステに行く必要のない人にまで、デート商法によってエステへ引き込まれていきます。

デート商法の絵画・毛皮とその手法は似ており、街角でのキャッチ セールスが多いようです。

デート嬢は主に男性へ声を掛けますが、女性へ掛ける場合もあります。

デート商法の事例でも良く聞きますが、絵画・毛皮の他、エステの場合も結果的に高額なエステメニューをされたり、

数十万円する美顔器を売りつけローンを組まされる事例が後を絶たないようです。

かなり前ですが、あるTV番組でエステのキャッチ セールスをしてる男性がモザイクで出演しその秘密を暴露しました。あぶないですね。


どのような女性・男性がキャッチされてしまうのかと言うと・・・

・ニキビがある
・中途半端にお洒落
・身長が低め
・内気で弱そう


だそうです。このような人は世の中に数え切れないくらいいるので、本当に迷惑な手口です!

私が実際に町○市の駅で見たキャッチ・スカウトされた被害者は、やはり上に挙げた要因の持つ女性でした。

「あの〜お時間ちょっといいですか? 私、あちらの方で美容師をしている者でして・・・(名刺を差し出す)」

声を掛けられている女性は、断れないような性格の持ち主のようで、長々と話しを聞いているようでした。そうなるともはや相手の思う壺です。

その後どうなったかは見ていませんが、相手の職場へ連れて行かれた可能性が高いですね。また、モデルを装っていることもあるそうです。

まさにあぶないです!

被害に会ったら即、相談・解約・クーリングオフするべきです!

毛皮の商法について

デート商法で絵画の次に多いのが毛皮です。毛皮も絵画に負けないくらい高額で売りつけられ、ローン地獄へと陥れられるためかなり悪質です。

一般的なデート 商法 毛皮のパターンを説明しましょう。


★デート嬢(販売員) セールスパターン


1、路上で声をかける 目的:アンケートなど
 ・軽装な格好で近づき、なれなれしく話しかける
 ・電話番号、E−Mailの交換
 ・雑談で緊張を解す

  特徴:前を向きながら鋭い目をキョロキョロしながら、ある一定の距離を
行き来している。
     なんとなく弱そうな人を狙って話しかける。

 ●出会い系サイトを利用して集客し、仲良くなろうとすることもある
(警戒心が無い)  

2、電話での勧誘
 ・個人を装い、営業目的だと悟られないように話す
 
よくある決まり文句
 ・「友達が少なく寂しい」「やさしい人ですね」「人見知りするけどこんな
こと話せたのはあなただけ」「留学の夢を叶えるため今の仕事をしている」

3、レストラン・喫茶店(カフェ)などへデートに誘う
(自分の職場展示場でお茶することもあるようです)
 
 ・休憩時間に会いたいと勧誘
 ・約一時間のデート
・何度かデートを重ね、ジワリと弱みに付け込んでくる
 ・招待状を渡してくる


4、展示会場で50万円〜150万円位の毛皮を売りつける

 ・お金が無くてもローンを組まされる
 ・断ると、デートでした約束を口実に、仲間と共に丸め込む
 ・拘束は長時間に渡り、精神力を消費させる
 ・毛皮を試着させられ、買うことを前提に勝手に話しが進む


同じようにデート商法で毛皮の他、スーツ、礼服など買わせることもあるようです。

デート商法8、10といった、2ちゃんねる、BBSでは「レーヴ」「セレナ」「南堀江」「大阪」など、

具体的な企業名、社員名、住所が挙げられていますが、事実かどうかは定かではありません。

絵画の商法について

女性又は男性が、デート商法で絵画を売りつける場合も多いようです。その絵画の値段は100万円以上するものもあります。

そんなに高額な絵画をローンで契約させるのですから、普通のセールスとは訳が違います。

このような高額な絵画をデート・恋愛を装って相手の弱みに付け込み、販売してしまうというのが事例も良くある手法のようです。


★誘いパターン1

・街頭で歩いていると、若い女性・男性に声をかけられ、そのまま展示会場へ
連れて行かれる。

★誘いパターン2

・出会い系サイトで仲良くなった女性・男性からデートに誘われ、相手の職場(展示会場など)へ誘われる。

★口説き

「あなたは特別だから」「あなたにお似合い」「君に買って欲しい」「一緒に支えあおう」「飾って欲しい人にしか勧めない」


これらの口説き文句は要注意です。こうらの言葉を効果的にするのが、その場の雰囲気です。

プロポーズが、明るい所より暗い所のほうが成功するのと同じように、薄暗いようなムードのある場所でセールスされる場合が多いようです。

その時に絵画をローンを組んで買わされると、今度はまたデート商法で、宝石や毛皮、スーツ、サプリメント、布団、浄水器など購入させ、

借金地獄の被害へと陥らせようとするそうです。正にあぶない追い討ちです。即 解約しましょう。

もしも、あなたの彼女・彼氏が、自分が気に入った高額な絵画をローンさせてまで買わせようとする雰囲気があるならば、

一度疑ってみても良いかもしれません。それは絵画のデート商法かも・・。